カテゴリゲームアニメ・コミックITエンタメ一般ニュース雑学日記・雑記・その他まとめTwitterログ
注目タグレトロゲー初音ミクWiiロボットアニメ著作権動画投稿サイト
S-TRIBES-TRIBE.NETWorld BreakoutNEXT(Ver.i)愛の翼-Eternal Song-(EP)音楽まとめ
はてなブックマークはてなブックマーク - ビクターが売られることをもっと重く考えようよ blogram投票ボタン
【情報ソース】
asahi.com
 JVC・ケンウッド・ホールディングス(HD)傘下の日本ビクターが、音楽事業を手放すと同時に、「ペンタックス」ブランドのデジタルカメラ事業の買収を検討していることが分かった。映像や音楽といった「ソフト」をやめ、機器メーカーとして「ハード」重視に軸足を移そうとしている。


それなりに大きなニュースにはなってると思うのですが、
いわゆる「音楽業界(笑)」的にはもっと重く受け止めないといけないと思ったので
記事を書こうと思いました、ええ。

だって、ですよ?

おそらく日本でも著作権使用料の発生の上位にいるであろう
サザンやSMAPなどなどの版権を持ってるレコード会社ですよ?
ソース記事によれば業界4位ですよ?
そこが「音楽事業もう無理オワタ\(^o^)/」って言ってるんですよ?

これがどれだけ重大な状況にあることなのか、もうちょいわかってほしいのです。

サザンやSMAPなんて、自分からしたら遥か空の上に君臨する存在。
そんな方々を抱えるレコード会社が傾くってどういうことなんですか。

逆に言えば。

業界4位で「無理\(^o^)/」って言ってるってことは
ほかのレコード会社だって皆苦しいでしょうに。
「ほか」には自分のような小さな存在を含めて。


もちろんこの件はビクターに反省点はあると思うけれど。
だってSMAPもサザンも、iTunesとか配信してないし。
ビクターエンタテインメントはネット配信事業にどうも消極的。
というか、ビクターは何でも独自路線で貫くイメージが強く、、、
いろんなサイトに着うたなりAACなりをマルチに展開するような、
そういう柔軟性に欠けていたこともひとつの原因なんじゃないかと思います。
時代に適応しきれなかったという感じでしょうか。


何が言いたいかっつーと。

苦しいのはビクターだけじゃないぞ、と。
皆苦しくてバテバテだぞ、と。


テレビをちょっと見ただけですぐにわかる現状。
有名人のカテゴリとしては「歌手」であろう人たちが
「タレント」のようにCMやバラエティ番組に出演したり。
言ってみればそれは副業で、メインである「歌」だけでは持たないってことなんですよ。


今年のヒット曲って何でしょう?
紅白歌合戦やレコード大賞に、納得いく面子が揃うのでしょうか?
その舞台には「誰?」みたいな人が立っていたり、
何年も前が全盛期の人が立っていたり、そんな光景が簡単に思い浮かびます。


世の中で目立つ存在となるような「歌」の数が減る、ということは
作曲家の需要も減る、ということで。
それは新しいクリエイターや演者が育たないことを意味します。
デフレスパイラル。


だからこそ、自分はVOCALOIDをやったりしてるわけで。
真面目な思いを持って、VOCALOIDの存在に助けられながら音楽を作っています。



VOCALOIDの界隈に触れていると、音楽不況が信じられないぐらい。
どんどん新しい人が育ち、ブームが回転し、
かと思えば人気曲は長い時間人気を維持し、
CDやグッズも少なくとも赤字にならない程度は売れて。。。

全ての方法や方向性が正しいとは思わないけれど、
見下している人たちは冷静に状況を見直してほしいです、ホントに。

ただ中間マージンの少ない手法がどんどん取り入れられてるものだから、
音楽業界にはおそらくあまり還元されていないはず。
そこで育ったクリエイターは今の音楽業界に直結する人たちではないでしょう。



つまり。



ビクターの売却はひょっとしたら音楽業界の崩壊の序曲だったり。


その場しのぎの繰り返しをずっと続けた結果が今で、
こんな大変なことになってしまっているんです。

VOCALOIDが次の音楽の形を牽引する、と言ったら大袈裟だけど、
少なくともこのテの、コンパクトに作ってコンパクトに展開する手法は
十分に音楽業界が見習わなくてはならない手法だと思ったりします。

小さなコミュニティの中で競争意識や自立心が芽生え、
作品クオリティをどんどん高めていく。
2年ほど前にはほとんどなかった「出口」が、今はいろいろな形で存在する。
努力が必ず報われる、期待に応えられる、そんな場所。



この音楽氷河期を生き延びる人は、どんな人なのでしょう?

自分は今、必死に生き延びる方法を学んでいます。考えています。
過信することなく危機感を持ち、同じ目線で物事を捉えたいです。
この経験が今すぐに反映出来なくても、いつか必ず役立つと信じて。



最後に、ビクターさん。

オレの曲も数曲預けているのでしっかりお願いしますw

TRANCE HEAVEN 01
TRANCE HEAVEN 01
posted with amazlet at 09.11.05
オムニバス
ビクターエンタテインメント (2005-03-24)
売り上げランキング: 247768


BlogPeople「音楽・エンターテイメント/音楽全般」 にほんブログ村音楽ブログ BS blog Ranking カワイイブログランキングBITZ 人気ブログランキング ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング ドット ネット 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
コメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


※書き込みが反映されるまで時間がかかる場合があります。「書き込む」を何度も押さないようにご注意ください。
トラックバック

この記事へのトラックバック


NEXT (Ver.i) feat. 初音ミク
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。